« 医療のIT化が遅れている原因は何か? | トップページ | パソコンは誰のものか »

2010年2月18日 (木)

パソコンのアメ車化

前回の記事にてパソコンの信頼性不足による医療業界への導入の遅れの話を書いたが、その中で「もしパソコンが業務に必要不可欠なら無停電電源を使ってでも動かすだろう」と書いた。

しかし本当のところ停電になってしまうとパソコンは始末におえない。無停電電源装置をつけても2時間動けば御の字。ノートパソコンでも下手すると新品・完全充電でも2時間しか動かない。それでは確かにいくら便利だからといっても導入に躊躇するのは当然だろう。

しかし、電池メーカーの努力で電池の能力は格段に向上したはずなのに、なぜパソコンは相変わらず「数時間」しか持たないのだろうか?

諸悪の根源はやはりマイクロソフトだ。Windows 7はともかく、Vistaは非常にコンピュータリソースを無駄遣いする。7もxpに比べると無駄遣いは多い。まずメモリがXP無印の頃から比べると8倍程度必要になっている。CPUクロックも倍程度、CPUのコア数自体デュアルコアだ。

かつて富士通はFMR-CARDというノートパソコンを販売していた。これが画期的だったのは、単3電池2本で動作したこと。当時のパソコン通信の利用者にもこれを利用する人が多かった。当然このパソコンはDOSベースでありWindowsが動く代物ではなかったが、用途を割り切れば全く問題なく利用できていた。

今の技術を使えばFMR-CARDがXGAの解像度でカラーでできそうなものなんだが、どのメーカーもそんなことはしない(もちろん富士通自身も)。なぜか。今のパソコンはWindows7が動かないとマイクロソフトがOSを販売してくれないからだ。(例外はATOM)。

つまり、技術の進歩でリソースに余裕ができても、それをOSが先に占有してしまう。リソースの余裕をユーザに還元するのはそのあとであり、逆にいえばユーザがコンピュータのリソースを利用したければより高速で大容量のハードを導入するしかない。そうやってマイクロソフトは無駄な電気エネルギーを食いつぶしている。OSがリソースの無駄遣いを止めればよりコンパクトでより消費電力の少ないパソコンは作れるはずなのだ。

これはアメリカのビッグスリーが陥った泥沼と同じである。ビッグスリーの開発陣は「アメリカ人は日本車のようなちまちまとした車は好まずちまちまと燃料をケチるような運転はしない」と思っていたのかもしれないが、現実に不景気になれば燃料代のかかるアメ車には乗らなくなりプリウスを購入するのだ。同じようにマイクロソフトのソフトエンジニアは「アメリカ人は日本人みたいにこまめにパソコンの電源は落とさないし持ち歩くときも車を使うから軽い必要はない。その代わり最大性能は妥協せず、OSのアイコンは美しくなければならず、グラフィックが猛烈な速度で描画できねばならない」と思い込んでいるのだろう。しかしそのためにバッテリはいつまでたっても小さくならずエネループ4本で東京-新大阪間使いつづけることもできない。

昔の日本なら独自OSでよかったのでFMR-CARDのようなパソコンも存在できたが、今はWindowsの縛りのためにそういうパソコンをつくると他のパソコンの販売に支障がでるためおいそれと手が出せない。

しかし、強力なGPUを持たず搭載トランジスタ数の少ない非力なCPU・少ないメモリでも動作するようなOSをサポートする超低消費電力のノートパソコンが出ない限り、ユビキダスは掛け声だけで終わるだろうし、医療分野など電力供給が不完全でも機能しなければならないシステムは構築し得ないだろうし、ビジネスマンは電車の中で電源の心配を常にしなければならないだろう。

具体的に数値を出すなら、26万色表示のXGAディスプレイ、CPUクロック300MHz、128MBのメモリ、8GBのSSD搭載のノートパソコン(Windows95当時のスペックと考えればよい)の消費電力を3Wぐらいにできないのか。エネループ単3型の電池容量が1,900mAh、つまり4本直列で4.8Vで利用するとして1,900mA=9.12Wなら1時間、600mA=2.88Wなら3時間持つ計算になる。

この計算の大前提は1つ。Windows7のような大飯食らいは使わないしかない。もうアメ車の時代は終わったのだ。マイクロソフトの従業員がプリウスに乗る、というのは自家撞着以外のなにものでもないことを自覚すべきだ。

« 医療のIT化が遅れている原因は何か? | トップページ | パソコンは誰のものか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンのアメ車化:

» トラックバック投稿のテスト [北澤みつるの公式ブログ]
nbsp;トラックバックのテストです。http://onjisarchive.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-e80d.html [続きを読む]

« 医療のIT化が遅れている原因は何か? | トップページ | パソコンは誰のものか »